Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/vitvalleysapporo/www/nittaoyako/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/vitvalleysapporo/www/nittaoyako/wp-includes/plugin.php on line 601
津軽三味線 新田親子・津軽三味線 新田流 ウェブサイト : 新田昌弘プロフィール
北海道札幌市出身
父、新田流 家元「新田弘志」に影響を受け14歳から津軽三味線を始め、
7ヶ月後に1998年津軽三味線東京大会中高生の部で優勝する。
その後2000年、01年、02年の全国大会で連覇する。

海外公演ではアメリカ、ベルギー、アイルランド、ロシア、スペイン、メキシコ、韓国、ベトナム、
タイ、フィリピン、ラオス、コスタリカ、トリニダードトバゴ、
ドミニカ共和国など世界各国で演奏する。

サウジアラビアでは国王主催の「ジャナドリア祭」に招待されるなど
国際交流基金を通じて国際文化芸術交流に貢献している。
又、個人のみならず「新田親子」として海外の大学からの要請で津軽三味線のレクチャーを務めたり、
津軽三味線ユニット[OYAMA×NITTA]として2011年小沢征爾氏が芸術監督をする
「JapanNYC」in カーネギーホールで津軽三味線コンサートを実現するなど海外でも活躍する。
匠なテクニックを評価され、様々な楽器とのコラボレーションでも津軽三味線の魅力を多いに発揮する。
又、演奏の他にも、舞台音楽の作曲や編曲、映画出演など幅広く活動する。

教育的活動として公益財団法人 日本青少年文化センターからの要請で十年以上に渡り
全国各地の小中学校にて公演を行っている。

インターネットでは、アメリカ人の設立する海外向け三味線コミュニティサイト
「Bachido(撥道)」の発足に携わり、外国人に向けての三味線奏者育成を行っている。

北海道の活動では地元の小中学校の公演を始め、「YOSAKOIソーラン祭り」の作曲、
洋楽器・和楽器を含んだバンド「Ezo`n」や「SAWARABI」を結成し、
古典的な楽曲をアレンジし若い世代に向けた音楽を発信、
「札幌国際三味線フェスティバル」の開催など北海道全域に渡り伝統音楽の継承活動に力を入れている。

HISTORY

●2000年ブックスボックスから「SHAMISEN KID」をリリース。
●2001年 キングレコードから「SOU」をリリース。
●2001年 NHK-BS「ジャパネスクな男たち」にて歌舞伎役者・市川染五郎、
 日本画家の千住博、ジャズギターリストの渡辺かずみと競演。
●2002年 「日韓交流祭(韓国)」でゲスト出演。
●2002年 NHK日本賞記念「地球名曲コンサート」にゲスト出演。
●2002年 キングレコードから「YUKI」をリリース。
●2003年 「ASEAN Concert(バンコク)」に参加。
●2004年 「アジア舞台芸術祭(ベトナム)」に参加。
●2004年 新田親子で国際交流基金主催の
 東南アジア3ヶ国ツアー(フィリピン、タイ、ラオス)を行う。
●2004年 日中友好協会主催「シルクロードの響き」にゲスト出演。
●2004年 SONYレコードから「匠」をリリース。
●2004年 SONYレコードから「和心」をリリース。
●2005年 SONYレコードから「ra」をリリース。
●2005年 ペンシルバニア大学の要請より新田親子アメリカコンサートツアーや、
 大学でのレクチャーを務める。
●2006年ギターリスト「Dean Magraw」とJapanツアーを行う。
●2007年1月アメリカ(カルフォルニア&ロサンゼルス)で
 Monsters Of Shamisenでツアーをする。
 3月PACO芸術祭でイラク音楽の巨匠「FAWZY AL-AIEDY」と横浜&京都で共演する。
 同じく3月ロシア(モスクワ、サンクトペテロブルグ)で
 舞踏家「雪雄子」のゲストサポートを努める。
 6月アイルランド(ダブリン、コーク、ドニゴール)でDean(ギター)と
 JOHN(コンサティーナ)と国際交流基金 日愛外交関係樹立50周年記念 !!で
 日本人初の三味線奏者「新田昌弘コンサートツアー2007」をする。